another day in paradise〜思い描いていた別の世界へ〜

another day in paradise

フィル・コリンズの有名な歌です。
メラニー・フリフィスが出演していた同名の映画もありました。

最近ではトム・クルーズ主演のSF映画「オブリビオン」の中で、重要なフレーズとして使われていました。

思い描いていた理想の世界と異なる世界で生きている自分。
思い描いていた世界に進んでいたらどうなっていただろう。

なぜ、自分は思い描いていた理想の世界に向かおうとしなかったんだろう。

思い描いていた理想の世界に進むのに、遅すぎると言うことなはないんではないか。

気づいた時に行動しないといつまでも思い描いていた世界にはいけないのではないか。

思い描いていた世界に行くための努力をすることこそ、人生の価値ではないか。

自分が新たに選択した、新しいもう一つの日々を記録していきます。