IC-R30をスマホからコントロールできるようになるらしい

ハムフェアで、IC-R30をスマホからコントロールするアプリが発表されました。

ICOMブースはアマチュア無線の新製品や新規格のデジタル特定小電力無線機の発表で混んでいたこともあり、全くノーチェックでした。

ノーチェックだったので、写真はありません。

あしからず。

BluetoothでスマホからIC-R30をコントロール

発表されたアプリの型番はRS-R30といい、アンドロイド版とiPhone版があるようです。

Bluetoothで、メモリーへの書き込みを除くほとんどのコントロールをできるようです。

完全リモート運用に対応

これにより、IC-R30本体のコントロールはスマホ、受信音はBluetoothイヤホンとすることが可能です。

IC-R30本体をカバンの中に入れたまま、完全ワイヤレス運用ができることになります。

ステルス受信活動に最適!

別に怪しいことをしているわけでは無いけど、IC-R30などの受信機を持ち歩いていると周りの目が気になることが多くなかなか受信活動を楽しむことができませんでしたが、これならステルスな受信活動ができます。

その方が、見つかった時にややこしいことになるかもしれませんが。

長いアンテナを使いやすくなった

IC-R30は感度がちょっと、という感じでしたので、ちょっと長めのアンテナを使いたいところですが、周りの人にぶつかってしまう心配とか、周囲の目が気になる、ってな感じでなかなか長いアンテナを使うのためらっていた方にも朗報ですね。

業務に使う無線機は買うよりレンタルがお得!

運動会や文化祭での使用はもちろんのこと、キャンプやスキーなど、年に数回しか使わないイベントで使うトランシーバー、インカム、無線機は購入よりレンタルの方がお得です。

まずは、無料見積りをしてみましょう。

コメントを残す

関連記事

横田基地日米友好祭 2017でP-8とAN/PRC-117Gに出会えて興奮

久しぶりにNACK5スタジアム大宮に受信機持ち込み

自宅で受信機が増えてしまった場合アンテナはどうする

まだまだアナログ業務無線(Jリーグでのトランシーバーの活用)

最近の車載トランシーバーのメモリーチャンネル

マラソン大会で受信活動