Amazonビデオ Fire TV Stickが新しくなった

予想通り、Amazon Fire TV Stickが新しくなりました。

どこが変更になった?

アメリカですでに流通しているものと同じQuadコアですね。
またGPUも変更されています。
これがどれだけの影響を及ぼすかはわかりませんが、数値上は旧Stickより性能が良くなっていて値段は据え置きなのは喜ばしいです。
主な性能の変更点は下のとおりです。
参考のために、ボックスタイプの方の性能も調べてみました。

旧Stick 新Stick FireTV
(ボックスタイプ)
プロセッサ Broadcom Capri 28155 Dual-core ARM A9 最大1Ghz MediaTek Quad-core ARM 最大1.3 GHz MediaTek クアッドコア最大 2.0 GHz。デュアルコア 最大 2.0 GHz + デュアルコア 最大1.6 GHz
GPU VideoCore4 Mali450 MP4 Power VR GX6250
ストレージ 8GB 8GB 8GB
メモリ 1GB 1GB 2GB

とりあえず様子見かな

今のところ、私の使用状況ではそれほど大きな能力を必要としていません。
実際、今のところ快適にビデオ等を視聴できていますので、とりあえず買い換は様子見です。

肝心のこの時期にAmzon Fire TV Stickの在庫が無いなんて

4月6日から発売予定となっていて、それまでの間はFireTVのボックスタイプしか在庫がないようです。
せっかくDAZNによるJリーグ中継が始まり、多くの人がStickを必要にするかもしれない時期に、肝心の商品の在庫がないなんて。
こうなったら、今後のことも考えて、ボックスタイプを選択するという手もあるかもしれないですね。
プラス6,000円程度ですから、Stickだと短期間で性能アップの新製品が出ることも想定できますから、意外とリーズナブルかもしれません。

にほんブログ村 サッカーブログ 大宮アルディージャへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

コメントを残す

関連記事

大宮アルディージャ、またも勝てず

C大阪戦に向けたチラシ配布に笑顔で参加

このブログにも攻撃の余波が

今年のアルディージャの天皇杯は終了

ベガルタ仙台戦雑感

大宮アルディージャ石井監督2018年続投を発表で考える