アイサイトで長距離ドライブも楽チン!

スバルのアイサイトといえば、クルマの自動ブレーキシステムのブランドとして有名ですね。
初めて市販車向けに実用化された自動ブレーキシステムです。
このアイサイト、自動ブレーキの話題が先行してしまって、メーカーも自動ブレーキというアピールなんですが、そのほかにも運転手の運転をアシストする素晴らしい機能がついています。
フェリーに乗る時間を減らして効率の良い旅行をするためには、わざわざ自分で長距離ドライブして仙台とか八戸とかに行くと、かなりの負担ですが、アイサイトを利用することで、この負担をかなり軽減してくれます。

長距離ドライブをアシストしてくれる全車速追従機能付きクルーズコントロール


そのうちの一つに「全車速追従機能付きクルーズコントロール」(アクティブクルーズコントロール:ACC)という機能があります。
これは、従来の速度を一定に保つシステムである「クルーズコントロール」にアイサイトのカメラを連携させ前方を走行中の車両を検知することにより、車間距離を保つよう自車の速度をコントロールするものです。
これを使えば、高速道路では、自分のクルマの速度を一定に保つ努力や、前のクルマとの車間距離を一切きにすることなくドライブすることができます。
自分もアイサイトにして、今までは高速道路での速度維持や車間距離に相当な神経を使っていたということがわかりました。
そして、速度や車間距離を一定にするために、結構なアクセするワークをしていたのです。
そういった神経や体の動きから解放されると、運転での疲れが軽減され長距離ドライブがかなりしやすくなります。

渋滞もへっちゃら

このACC、時速0-100 km/h までの間で対応します。
つまり、止まったり走ったりという渋滞の時でも、前のクルマと一定の間隔を保ってくれる。
前のクルマが止まると、自動的に止まってくれるんです。
止まり方も、いわゆる「カックン」ブレーキでなく「スッ」という感じで止まります。
たまにカックンしますが、それでも初心者のブレーキよりはかなりマシです。
渋滞の時に、前のクルマと一定の間隔を保ちブレーキを踏んで、そして止まる。
前のクルマが走り出したら、またアクセルを踏んで前のクルマとの間隔に気をつけながら走る。
かなりストレスの溜まる作業なんですが、アイサイトはこれを全部自動でやってくれます。
ドライバーがやることは、一旦止まった後前のクルマが走り出した時、ACCを再開するためにアクセスかACC再開のスイッチを押すだけです。
ACC再開するためにアクセルだけではなく、ハンドルの右側にあるACCのリジュームボタンを押すことでもOK。

渋滞の中でドライバーは、アクセルもブレーキも踏むことなく運転することができる。
これ、やってみるとわかりますがすごく楽です。

渋滞が大嫌いな人に超オススメ

一般道に降りるより渋滞中の高速道路を走った方が、本当は時間が早いことがほとんどなんですが、それでも一般道に降りるぐらい渋滞が嫌いでした。
でも、アイサイトにしてからは、渋滞も避けることがなくなりました。
一般道の運転は、信号とか歩行者とか結構気を使いますが、その必要がなくなったのはありがたいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 大宮アルディージャへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

コメントを残す

関連記事

宮城県沿岸をドライブ

新千歳空港で流氷の氷でハイボールを楽しむ

山梨県大月市にある猿橋

旭川「冬祭り」

仙台から国道6号線を南に走ってみた

雪あかりの動物園