大掃除で空き箱がザクザクと出てきて処分に悩む

年末恒例の大掃除です。
この1年を垢を落とすために頑張りました。
掃除するだけでは追いつかないので、いらないものはどんどん捨てないと。

昨年は、超古いマックとかラジカセ(!)とか、いろいろと捨てました。
昨年たくさん捨てたせいか、今年は、大物は以外と少なくちょっと拍子抜け。

断捨離しても空き箱が残る

そんな中、最近場所を取り始めたものがあります。
それは、空き箱。
買ったモノが入っていた箱です。

空箱はスペースをかなり圧迫する

この箱、かなり場所を取るんですよね。
最近はなるべく捨てるようにしています。
ただ、製品を買ってすぐ初期故障の場合、返品なんてことも考えられ、そのときには箱がないと困ることが多いんで、購入から1ヶ月は箱を取って置くようにしています。
で、大抵は1ヶ月経ったときには、箱の存在なんか忘れてしまったり、改めて箱を捨てるのが面倒くさかったりして、箱がどんどん住宅のスペースを圧迫して行きます。

空き箱をとっておいたほうがいい場合もある

アマチュア無線関係のモノの場合箱を意図的にとっていることもあります。
アマチュア無線機は、モノの進化が比較的遅いので、パソコン関係に比べると古いモノの価値が格段に高いんです。
いらなくなったモノをオークションで売る場合でも、箱があるかないかで結構値段に差がついたりします。
20年以上も前のモノも、箱があればびっくりするほど高い値段で売れたりします。
だから、アマチュア無線関係のモノは、基本的に箱をとって置くことにしています。

要らないモノの売り出しは結構面倒くさい

自分は、アマチュア無線関係で使ってないモノを売りに出すということは、実はあまり熱心にしていません。
だから、本当のところ、箱はあんまり必要ないのです。
それに、昔のモノに比べると、今のモノは、低下が安価になったこともあり、数年後に高値で売れるように思えなかったりします。

もっとこまめに不用品の売却をしないと

そんなことはともかくとして、たくさんある空き箱のうち、来年までどれくらい残っているでしょう。
しかし、昨年、大物をたくさん捨てたので、それだけモノを置く場所に余裕が出たということでてしまいました。
気がつくと、ここ数年で購入したアマチュア無線関係のモノの箱がたくさん。
ちょっとがっかりというか、気をつけていたにも関わらず結構散財したなあと。
一番いいのは散財しないことなんですが、モノは使ってみないと良し悪しがわかりません。
最近は、モノの価格が落ちているし不用品の販売ルートもたくさんあります。
とりあえず購入して、思う通りではなかったら売却してしまうことが、昔に比べると簡単にできるようなりました。
だから、気を許すとどんどんものが増えてしまいます。
年に1回なんてことしているとどんどん空き箱が増えてしまうので、短い単位で購入したモノを評価して、不要なモノは面倒くさがらずどんどん売却するようにしないといけませんね。

にほんブログ村 サッカーブログ 大宮アルディージャへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

コメントを残す

関連記事

新しいデジタル受信機を購入

IC-R8600のリモートコントロール

様々な無線のデジタル化という流れ

デジタル無線を聞いてみたい

集めて、集めて、整理して

自分に理想な(今のところ)ラジオの留守録システム完成!2