冬の北海道で自然を楽しむ

冬の北海道で自然を楽しむ

冬の北海道は、冬の自然を楽しみたいものです。
冬の北海道での自然を楽しみといえば、一般的にはスキー・スノーボードでしょうか。
冬の北海道には、ニセコとかトマムとか、良質なスキー場が多くありますよね。
航空運賃が安くなり路線も充実して、外国から容易に冬お北海道にアクセスすることができるようになり、北海道のスキー場は、今や外国人でいっぱい、賑やかです。
混雑を避ける人は、最近は旭川から富良野に向かうようです。

スキー・スノーボードをやらない人の冬の北海道

スキーをやらない人、できない人は冬の北海道を楽しむことができないのでしょうか。
雪まつりや冬祭りなど、冬の北海道各地には様々なお祭りがあります。
そんなか、知床で冬の自然ガイドツアーに参加して着ました。
これなら、スキー・スノーボードをやらない人でも冬の北海道の自然を楽しめます。

どんなガイドツアーがあるの

今回参加したのは、知床ナチュラリスト協会というところが開催している自然ツアーです。
他にのいくつかの自然ガイドツアーがあるようですので、インターネットで検索してみるといいでしょう。
この、知床ナチュラリスト協会の主催するツアーのうち、次の3つに参加してみました。
この3つで、知床の冬の自然を1日中楽しむことができます。

  • フレペの滝スノーシューイング
  • 流氷ウォーク
  • ロケーションガイド

フレペの滝スノーシューイング

フレペの滝のスノーシューイングは、「知床自然センター」の裏側にある遊歩道を歩くコースで、自然センターでも雪歩き用の靴「スノーシュー」や長靴を貸し出してくれますので、ガイドなしでも楽しむことはできます。
フレペの滝
コース自体は、天候さえ問題なければガイドが必要ないぐらいの安易な道です。
しかし、冬の知床の自然は厳しいものがあり油断は禁物です。


初めての場合は、ガイド付きツアーを選択したいものです。
このガイドツアーでは、流氷がないと波の音で結構賑やかな海が、全くの無音になっている状態を見ることができます。
波の音のしない海は、かなり幻想的です。

流氷ウォーク

流氷ウォークは、専用のドライスーツを着て、流氷の上を歩いたり、流氷のある海に浮かんだりするツアーです。
流氷観察は、砕氷船「おーろら号」や「ガリンコ号」で船の上から比較的簡単に楽しむことはできますが、流氷に触れたり、海水に浮かんだりして、より間近で流氷を楽しむことができる貴重な体験です。
専用のドライスーツを着れば、スーツの中の空気が浮き輪の役目をして海中に沈むことがないので、泳げなくても流氷のある海を楽しむことができます。

ロケーションガイド

ロケーションガイドは、知床八景と言われている景観の良いところのうち、車で行ける場所を案内するツアーです。
原則車での案内ですから、体力のない人、寒いのが苦手な人でも安心です。
自然にはあまり興味はないけど、冬の知床をもっと知ってみたいという人にオススメです。

ガイドツアーに参加することで、冬の知床を安全に楽しむことができるのは、素晴らしいことだと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 大宮アルディージャへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

コメントを残す

関連記事

首都圏からマイカーで北海道に行く場合は仙台から太平洋フェリーがおすすめ

春秋航空に乗ってみた

流氷見るなら網走へGo

ドライブ再開

ANAの機内Wi-Fiサービを使ってみた

和歌山県の有田川町にある「ビジネスホテルかなや」