大倉山ジャンプ競技場で手軽に札幌らしさを楽しむ

札幌は北海道で一番の大都会で、観光客が多く訪れます。

札幌発着のツアーバスが充実している

北海道で観光を楽しみたい場合、札幌ならツアーバスがたくさん出ていて、手軽に北海道を楽しむことができます。
旭山動物園やウィスキーの里である余市、ラベンダーで有名な富良野など、有名な観光地向は札幌からツアーバスで行くことができます。

せっかくなら北海道の自然を満喫しよう

せっかくの北海道ですから、大自然を手軽に満喫することができる富良野・美瑛や積丹半島に言っていただきたいと思います。

ツアーバスにはデメリットも

ツアーバスは手頃なんですが、意外と料金が高いというデメリットがあります。
そして、朝の9時頃発で帰りが18時と、意外と時間が取られます。

札幌で手軽な観光地としておすすめな大倉山ジャンプ競技場

そんな大げさなものは無理だけど、札幌で手軽に北海道を楽しみたい、といった場合、札幌の郊外にある大倉山ジャンプ競技場をおすすめしたいと思います。
大倉山ジャンプ競技場は、北海道中央バスのツアーコースにも入っていますが、羊ヶ丘観光とセットで帰着が17時40分頃になるので、ちょっと手軽ではないような気がします。

大倉山ジャンプ競技場へのアクセスは意外とかんたん

大倉山ジャンプ競技場は、地下鉄の円山公園駅からバスを使って意外とかんたんに行くことができます。
バスもJRバスと、札幌地場のバス会社であるばんけいバスが走っているので、意外とバスの便がいいです。

バス停から大倉山ジャンプ競技場へ10分ほど歩かなければならないのが難点ですが、札幌で美味しい料理を食べすぎたときの腹ごなしとして最適ではないでしょうか。

壮大な景色を堪能できる

大倉山ジャンプ競技場、リフトを使って一番上まで上がることができます。
初めてジャンプ競技場を間近に見る人は、いろいろと気づきがあると思います。
想像した以上に傾斜がきついとか、一番上はすごい迫力で確かに拷問に近いなあとか。
そして、一番上から見る景観は、もう絶景!です。
札幌市街地はもちろんのこと、遠く石狩湾も望むことができます。

札幌オリンピックミュージアム

大倉山ジャンプ競技場にきたなら、ぜひ併設されている「札幌オリンピックミュージアム」に行ってみましょう。
北海道ならではの、冬のオリンピック競技について身近に感じることができる、大変貴重なミュージアムです。
特に1階にある、ジャンプ競技やボブスレーなど、冬のスポーツを体験することができるコーナーは、なかなか工夫されて一度体験する勝ちはあると思います。

白い恋人パークと合わせるとなお楽し

地下鉄の円山公園駅は、地下鉄の東西線の駅で、終点は宮の沢駅です。
宮の沢駅には、歩いて約10分のところに、チョコレート菓子「白い恋人」で有名な石屋製菓の工場「白い恋人パーク」があります。
ここでは、チョコレートの歴史を学びつつ、白い恋人の製造過程を楽しむことができます。


チョコレートというと、子供が大好きなお菓子の一つですが、白い恋人パークは、単なる工場見学だけでなく、子供はもちろんのこと、大人も童心に帰って楽しむことができる施設がたくさんあります。


ツアーバスのコースとしては設定されていない、白い恋人パークと大倉山ジャンプ競技場ですが、公共交通機関を使うと実はかなり手軽に楽しむことができます。
あんまり時間がないけど札幌らしいところを観光したいというときにおすすめです。

コンサドーレ札幌の練習施設もある

石屋製菓はJリーグのコンサドーレ札幌の大株主。
白い恋人パークの隣には、コンサドーレの練習施設があり、運が良ければあの選手やこの選手を見ることができます。
いろいろなJリーグチームの練習場としては、かなり立派な施設です。

にほんブログ村 サッカーブログ 大宮アルディージャへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

コメントを残す

関連記事

「ちばらぎ」という大胆なネーミングのお菓子

ドライブ再開

札幌「雪まつり」

福島県の会津田島駅周辺で宿泊:「グリーンホテルミナト」

仙台から国道6号線を南に走ってみた

アイサイトで長距離ドライブも楽チン!