ベガルタ仙台戦雑感

当ブログは決してアルディージャ応援ブログではないつもりですが、自分の生活がアルディージャ中心になってしまっているので、どうしてもそちら関係の記事が多くなってしまいます。
このところ負けばかりで、だからこそ記事のアップが多くなって、前回浦和レッズに勝った時は、勝った時こそ一人で喜びに浸ろうと特に記事をあげませんでした。
ま、浦和レッズ相手ですから、いろいろな人を刺激したくないという思いもあったのですが。

さいたまダービーには勝ったけれど

レッズ戦は闘志に満ち溢れたアルディージャの選手たち、そのあとのルバンカップ仙台戦、リーグ札幌戦と今までと変わらない気持ちの入っていない戦いが続いて悶々とすることが多くなりました。

監督交代?

札幌戦後には、監督交代の話もちらほらと、後任は伊藤彰とかいう具体的な話も上がっていたりしましたが、結局は渋谷監督続投で、さらに悶々と。

監督交代するには遅すぎる

個人的には、上位を目指すのならホーム磐田戦で考え始め、アウェイ甲府戦で交代決定ぐらいのスピード感でないと監督交代の意味はないと思っています。
したがって、今、どうしようもない時期に監督交代といっても監督のなり手がないだろうな、なんて思っていましたので、監督のなり手がいないのだろうな、なんて想像しています。

今後、渋谷監督には色々なことを試して欲しい

この時期に監督交代しても上位を目指すのは現実的ではありませんから(それでも、まだ、数字上は上位進出の可能性はありますが)、渋谷監督には、J1残留という目標のためにいろいろな手段を試していただいて、その経験を次の監督に引き継いでいただくのが良いのではないかと思っています。
監督交代の噂から、渋谷監督自身から辞任しない旨の発言になった経緯について、外部からはうかがい知ることはできませんが、様々検討があったものと推察します。

渋谷監督の辞任否定発言後の試合は興奮の連続

ルバンカップのFC東京戦での超攻撃的な布陣に興奮

渋谷監督が自分の口で辞任しない旨の発言後の試合は、ルバンカップのアウェイFC東京戦では、ムルジャとネイツのツートップに大前選手やマテウス選手も先発し超攻撃的な布陣。
平日、アウェイ、ルバンカップという特殊事情と相まって、現地で観戦していたアルディージャサポーターは、ちょっと異様な興奮を感じたのではないでしょうか。

リーグ戦のホーム仙台戦の後半はスピード系選手中心でさらに興奮

リーグのホーム仙台戦では、後半から大前選手が投入され、瀬川、江坂両選手のツートップと左サイドに大前選手と右サイドにマテウス選手と、スピード系の選手中心の攻撃陣となり、昨年のルバンカップのような、ボールもひとおも動くサッカーになりました。
ボールも人も動くけど得点がなかなか動かなかったのが昨年でしたが、今年はここに大前選手のような得点感覚に優れた選手が加わり、得点も期待できるようになったのではないでしょうか。
なんで、最初からこういう布陣にしなかったのかなあと。

選手も自信を取り戻したか

連敗が続いていた時は、選手が自信をなくしていたように見え、何をしたらいいのかわからない感じでしたが、仙台戦ではその辺りが解消していたように感じます。
今後、連敗で負けが嵩むようなことはなくなりそうな気がしています。

個人時には、仙台戦の後半の布陣は現時点での理想ですが、今後暑くなるにつれて体力が落ちてきますから、スピード系だけでは辛い時期にになります。
そういった時期にどう修正していくのかが、今後の課題ではないでしょうか。

 

にほんブログ村 サッカーブログ 大宮アルディージャへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

コメントを残す

関連記事

さいたまダービーは無事終了

実行します!関西大冒険

西区、岩槻区の商店街でアルディージャのポスター掲示ボランティアに参加

大阪に(クルマで)行くぞ!

大宮アルディージャ石井新監督の胸熱!就任記者会見

ベガルタ仙台戦敗戦で、降格が現実味を帯びてきた